【徹底比較】販促品サイト6選

top > 販促品について > 販促品を効果的に活用することが大切です

販促品を効果的に活用することが大切です

販促品を利用する目的として、商品を知ってもらうことと企業を知ってもらうことがあげられます。その中で、基本的なことではいかにアピールすることができるかが大切です。そして、実際の販促品としてはポケットティッシュやうちわなどがあげられます。これらは、コストも抑えられるだけでなく実際に使うものであるので自然と目につきます。しかも、単価が安い分大量に作成をすることができ、多くの人に配ることができます。ちなみに、企業名や商品名も自由に入れることができるため、活用の幅が広がります。特に、ポケットティッシュは年中配ることができるため、大量に作っても安心です。ちなみに、作成費用としては1000個以上の依頼で単価が15円ほどとなっています。もちろん、企業名などを入れるためその分も必要になりますが、ある程度テンプレートもあり、作りやすいというメリットがあります。

そして、時期が限られますがカレンダーも販促品として有効的です。多くの会社が作成して配っていますが、年中使うためこちらも目につきやすいです。特に、シンプルな物や機能性があるものは使ってもらいやすいです。そのため、作成をするときには、使い勝手なども比較して依頼をすることが大切です。ちなみに、卓上カレンダーは小ロットで作ってもらえるうえ、使ってもらえる確率が高くなっています。価格としては1個作るのに200円ほどからになります。こちらは、ポケットティッシュに比べると単価が高いのですが、お得意様などに配ることを考えるとメリットが大きいです。もちろん、大量に作成する場合単価も抑えられます。作成するのにある程度時間が必要なため、早めに見積もりを取り依頼をすることが必要です。

このほかにも、ボールペンやトートバックなどが販促品としてありますが、何より大切なのが目的に合わせて選ぶことです。先ほどあったようにポケットティッシュは単価も安く不特定多数に配りたい時にメリットがあります。そして、お得意様などある程度決まった人に配るのであれば、長く使えるものや少し高めのものを選ぶことがポイントです。それに加えて、個人に配るのか企業に配るのかによっても商品を変えることがポイントです。企業であれば、事務で使えるボールペンや付箋も有効的です。個人であれば、トートバックやキッチン用品のラップなども有効的です。作成をするときには、大量に作ることで安い単価で作れることもあります。販促品を取り扱っている業者も多くあるため、予算や目的に合わせて相談に乗ってくれるところを選ぶことが大切です。

カテゴリー

ページトップへ