【徹底比較】販促品サイト6選

top > 販促品について > 会社組織が販促品を配布する有効性

会社組織が販促品を配布する有効性

販促品はイメージできるように販売促進の為配布するもので、販売品のイメージの浸透を希求するものです。しかし実際のところ、広い範囲の層に配っている傾向が見られます。ひとつの例としてティッシュペーパーは誰でも利用するものですが、これを多様な年齢層に配布することが効果的かというとそんなことはありません。販促の配布にあたっては、確かなターゲットの設定をまず第一にしてから、配布すべきです。無用な配布は、何ひとつ効果を生みません。従って、ターゲットを絞り込んで、一層レベルの高い販促品を構想した方が効果があります。どんな人にも無難なものを配布しても、結果としてコストと時間の無駄が見られるだけです。短絡的に配布すれば販売が上向きになるといった考えは、マーケティングに関して用いるべきではないと言えます。

交渉が成立し易い会社には、営業マンに販促品をもたせていることがよくあります。 なにひとつ持たずに営業のために訪問して来た人には、たくさんの企業があまり好印象を持ちません。交流関係がある人の家に出かけるときでさえお菓子をもっていくことが礼儀作法ですから、営業マンであるにも拘らず基本的なことができてないと受け取られてしまうためです。かりにコマーシャルされた商品に関心をもったとしても、何てことのない営業マンのマナーの違反が引っかかってしまい、成約しないことは珍しくありません。その一方、販促品を持込んで訪問して来た人は基礎的な心遣いができると見極められます。その上販促品を持たせることを決めた会社組織全体に対して好感を持つケースもあるでしょうから、商談がうまく行きやすくなります。

商品などを買い入れたら、会社名の入っているボールペン、あるいは手帳といった文房具や、キャラクターの小物が贈られたという体験をした人は多いでしょう。これらに関しては販促品という形で、会社組織を宣伝して印象付ける実効性があります。ブランドキャラクターを抱えている会社組織は活用して販促品を制作します。街中、あるいはデパートそして、ショッピングセンター内で、会社組織のプロモーション活動を通してフリーで販促品を配布することもあります。それなりのプレゼント効果もありますこうしたプロモーションでは、間もなくリリースする商品、あるいは会社組織をアピールする絶好の機会になります。まず第一に、商品、あるいは会社組織を覚えてもらうことが重要で、先々の購買に結び付く足掛かりにもなります。

カテゴリー

ページトップへ