【徹底比較】販促品サイト6選

top > 販促品について > もらってうれしい販促品を出す企業

もらってうれしい販促品を出す企業

駅前や繁華街で配られることが多い、販促品の代表ともいえるポケットティッシュは、出勤するサラリーマンやOLにはもらう機会が多い品と言えます。けれど、専業主婦であったり、住宅街の中にある店やその他の職場で仕事をしている人にとっては、ポケットティッシュでさえももらう機会はほとんどありません。その代わり、大きなスーパーに行くと、商品と連動した販促品を見つけることができます。多いのはジュースをはじめとする飲料関係で、グラスや、コースター、さらにペットボトルをまとめて持ち運びするのに便利な、不織布でできた丈夫なトートバッグなどがよくあります。さらに、パーティーでは飲料が欠かせないこともあって、テーブルに敷くランチョンマットや、ピクニックで役立つレジャーシートなど、様々な品が登場しています。

スーパーでは、購入に応じてこうした販促品を渡していますが、最近では商品のそばに備え付けていることも多いので、自由に持ち帰ることができます。そのため、人気のある品物だと、あっという間になくなってしまうことも珍しくなく、コレクターさえいるのではないかと思われるくらいです。企業としては、販売促進のために作る以上、コレクターが現れるほど喜んでもらえれば、作った甲斐があるというものです。ただ、企業にとって頭の痛い点としては、はいくつ買っていただけば差し上げますとしているところ、管理するだけの人手がスーパー側になく、自由に持ち帰れる状態になっていることでしょう。とはいえ、販促品が魅力的だから買おうかなという動機にはなると考えられることから、一定の効果を上げると思われます。

飲料を入れるバッグひとつとっても、トート型もあればリュック型もあり、縦に長い物もあれば横に広い物もあります。さまざまな形を作ることにより、消費者の関心を集めることができますし、手に取ってもらいやすくもなります。また、人気のあるキャラクターを用いることで、爆発的に人気がでる可能性もあります。さらに、こんなユニークな販促品もあるのかと思われる物を使うというのも、企業としては目の付け所がよいと言えるでしょう。靴下が使われたことがありますが、これもかなりの人気でした。靴を履いてしまえば、同じものを履いている人がいてもわからないだけに、目の付け所は非常に斬新かつ、よかったのではないかと思われます。これからも、消費者のハートをつかむ販促のためのさまざまな品は、スーパーマーケットに置くのが効果的のようです。

カテゴリー

ページトップへ